アフィリエイトのデメリット|6つの欠点

アフィリエイトのデメリット

アフィリエイトは誰でも気軽に始める事ができますが、デメリットは何なのか気になっている方も多いと思います。
基本的にデメリットは無いと思うのですが、人や境遇によっては短所になりうる事もあります。
今回はアフィリエイトの欠点を6つご紹介します。

アフィリエイトのデメリット・欠点

1. 多くの作業量が必要

アフィリエイトのデメリットで多くの人が感じるのはこちらだと思いますが、基本的なアフィリエイトは、地道な作業が必要です。サイトのコンテンツ作りから検索エンジン対策、ランディングページの改善や分析などの積み重ねで、高い収益を上げられるようになります。

アフィリエイトでは、細かな点に気を配りながら、地道なPDCAを回す事が重要です。そのため、商社や金融など、お金でレバレッジをかけてビジネスを行っていくタイプの人や、細かい事を考えない営業マンタイプの人は向いていないでしょう。
(ただし、逆に言えば、地道な作業だけで大きい収益を上げることができるのは事実なので、人によってはメリットになりますね。)

これについては、アフィリエイトのノウハウを最大限に身につけて、作業時間を効率化し、生産性を上げていきましょう。

スポンサードリンク

2. インターネットビジネスの知識が必要

アフィリエイトは、インターネット広告ビジネスです。
インターネット上で人を集め、欲求を芽生えさせ、購買をさせる上で必要となる知識を身につけないと、アフィリエイトで稼ぐことは難しいでしょう。
勿論身につけた知識はアフィリエイト以外にも活用できますが、知識を身につけなければならない点は人によってはデメリットです。

3. 商材の知識が必要

サイトやコンテンツを作る際に、取り扱うテーマや商材に関する知識が必須になります。自分が詳しいテーマや商材を選べば、他サイトよりも良質なコンテンツを作りやすいのですが、自分が全く知らない分野を選んだ時は、好きでもない商材の知識を、好きになって身につけなければならない点が欠点です。

4. 孤独である

アフィリエイトで高い収益を上げられるようになるまでは、ある程度の作業量が必要です。
その間は一人でパソコンに向き合って、コツコツ時間を過ごすことになりす。誰かと一緒に仕事をしていたいという人にとっては、孤独な時間はデメリットになるでしょう。

私も、ノートPCのMacを購入して、孤独を紛らわす為にカフェで基本的に作業しています。
ノートPCの中では断然Macがおすすめです。

5. 新規客のみが基本的に対象で、リピートされにくい

アフィリエイトはビジネスモデルの構造上、その商品の新規客が主なターゲットで、かつリピーターにはなりにくことがデメリットです。
アフィリエイトサイト経由で広告主のサイトへ遷移して商品を購入に至ったユーザーは、次回以降はアフィリエイトサイトを経由することはほとんどありません。

ここはソーシャルメディアやメールマガジンなどを駆使して、リピートユーザーを確保する施策を行っていきく事でリピート率を上げることも可能です。

アフィリエイトが儲からない3つの理由とその打開手順』でも詳しくお教えしています。

6. インターネットと書くことが好きにならないとつらい

サイトを作って、商品を紹介するページを作って、それで収益を上げるのがアフィリエイトです。
つまるところ必要なのが「インターネットビジネスの知識と書くこと」です。
この二つがどちらとも好きになれなければ、アフィリエイトを行っていくのは辛いでしょう。

スポンサードリンク

終わりに:それでもアフィリエイトはメリットの方が計り知れないくらい大きい。

以上がアフィリエイトのデメリットになりますが、あまりデメリットに感じなかった方も多いのではないでしょうか。アフィリエイトは欠点が正直ほとんど無い広告ビジネスです。だからこそ多くの人に人気なのですね。

今回お教えした点をデメリットだとあまり感じなかった方は、すぐに始めることをおすすめします。
アフィリエイトのメリットについても『アフィリエイトのメリット|今すぐやるべき9の理由』でご紹介しています。
他にも、当サイトで公開している様々なノウハウを読んで実行していけば、必ず収益が上がるようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">